出産・育児

キッズヨガで得られるメリット!心も体も健康になろう!

こんにちは、オホシさんです。(@maruco_blog)

星の王子様
星の王子様
皆様お元気ですか?

育児をしながら子供の行動を観察していると、いつの間にこんな事が出来る様になったのだろう、書けるようになったのだろうと思わせられる場面が多々ありますよね。

しかし先日、公園で遊んでる時に子供に『スキップ』してみてと尋ねたところ、ぎこちない足の運び方でスムーズではなかったので途中転んでしまう事態に。

近年では子供の運動能力の低下が問題になってるそうです。その問題解決に『キッズヨガ』を紹介していきます。

キッズヨガを勧める理由は?

運動能力の低下と自分の体をコントロールするバランス能力の低下です。

週3日以上、運動をする子供達が30年前に比べると6〜8割に減少しているようです。

  • 子供の運動能力の低下の原因
  • 身体能力を向上させる大切さ
  • 場所にとらわれずに心と体を使う事が出来るキッズヨガ

これらについて紹介していきます。

子供の運動能力の低下の原因

自分の意思で体を動かすには、体の発達が必要不可決です。

スキップが出来ない、リズムを取って体を動かせないという子が増えています。

子供の運動能力が減少、身体能力が低下しているのはこんな原因も考えられます。

  • 子供が挑戦して楽しめる遊具が撤去されている
  • 空き地などの子供が手軽に遊べる遊び場の減少
  • 習い事をしている子供達が増えて体を使って遊ぶ時間が少なくなった
  • 屋外でもゲーム機も持ってきてゲームをしている

キッズヨガで得られるメリット

キッズヨガで運動経験をさせることで、運動神経の成長をうながす事が出来ます。

神経回路の発達に影響をして、将来的な平衡感覚バランス感覚、そして集中力を養う事が出来ます。

  • 平衡感覚やバランス感覚が向上し、
    転倒等を防ぎ怪我につながらないように出来る
  • 足と手が別々の目的を持って動作をする事が出来る
  • 力加減の調整を自ら理解出来る
  • 瞬発力が向上し、緊急回避出来る

キッズヨガは場所にとらわれず心と体を使うことが出来る

キッズヨガは場所、時間を選ばず楽しみながら体を動かす事ができ身体能力を上げる以外にもたくさんの効果があります。

  • 色々なヨガのポーズが取れる
  • 姿勢が綺麗になる
  • 健康的な体作りがリラックス方法を形成できる
  • ヨガの呼吸法で「力の抜き方」がわかるようになる

ヨガポーズ

三日月のポーズ(アンジャネーヤーサナ)・・・日頃あまり使わない体側部の柔軟性を鍛えられるポーズ

木のポーズ(ヴリクシャーサナ)・・・バランスが上手くとれない子供の場合、足を揃えたポーズからはじめ徐々に片足を高くしていく

コブラのポーズ(ブジャンガーサナ)・・・ストレス解消に効果的なポーズ

姿勢が綺麗になる

ゲームやスマートフォンなど、手元をずっと見続ける姿勢が多いため頭が前に出て背骨が丸くなる『猫背』が大きな理由でヨガのメリットでそれを改善できます。

ヨガの呼吸法でのリラックス方法

ヨガは呼吸を意識して行います。深い自然な呼吸が出来るようになり、リラックスが上手く出来るようになります。

キッズヨガ!年齢に合わせた紹介

・3歳〜4歳

遊ぶことや、周りのことを真似するのが大好きな時期なので、キッズヨガでヨガのポーズを行うことは子供に取っての遊び感覚です。

・5〜6歳

友達と遊ぶことで協調性が身につき始める頃。

キッズヨガで少し難しいヨガポーズをしたり、出来ないポーズが出来るようになると自分への自信にも繋がっていく時期です。

・小学生全般

こころも体も次第に大人に近づいていく頃です。

日々の生活の中でストレスを感じる子が増えていきます。キッズヨガでストレスを解消出来る様になっていく。

キッズヨガはリラックス状態ですることが大切

キッズヨガはポーズの正確性ではなく、子供達が楽しくのびのびとリラックスした状態でヨガを行うことが大切です。

楽しい、もっとやりたいと思いながら体の使い方を知り、運動不足の改善をしていくものです。

心のコントロールも自分で出来るようになるのがキッズヨガのいいところです。

キッズヨガで子供の猫背が解消出来る!

キッズヨガで猫背を解消することができます。

猫背を解消する3つのヨガポーズを紹介します。

猫の背伸びポーズ

  1. 四つん這いになり、両手を前に滑らせていく
  2. 前に滑らせながら腰をどんどん真上に引き上げて、背中を伸ばしていく
  3. 3〜5呼吸を目安に、このポーズをキープする
  4. 1の四つん這いのポーズに戻る

ラクダのポーズ

  1. 膝立ちになり、足は腰幅(腰の真下に膝がくるように)にする
  2. お腹に力を入れてへこませ、片手ずつ、自分の足のかかとを掴む
  3. 背中を反らせて、胸を開き、3〜5呼吸を目安にこのポーズをキープする
  4. 戻るときは、お腹に力を入れたまま片手ずつかかとから手を離し、チャイルドポーズになる

(チャイルドポーズ・・・正座で座り息を吐きながら両手を前につき、ゆっくり前に倒れる)

魚のポーズ

  1. 仰向けに寝る
  2. 両足を揃えて、手の平をお尻の下に挟む
  3. 二の腕を体の中にしまい込むように、肩甲骨を寄せていく
  4. 吸う息で、肘でマットを押しながら頭ごと上半身を浮かせる
  5. ゆっくりと頭を下ろして、頭のてっぺんをマットにつける
  6. 3〜5呼吸を目安に、このポーズをキープする。
  7. 戻るときには、頭をマットに下ろして背骨を上から順にマットにゆっくりと置いていくようにする

親子でキッズヨガをしよう!

子連れでできるキッズヨガ。今まで以上にスキンシップも増え、親子で一緒にポーズをとりながらしっかりと触れ合う事ができるので、子供も精神的に落ち着きます。

ヨガは子供の身体能力にも良い影響を与えてくれますし、産後のママダイエットにもなるので一石二鳥です。

子供と共通の趣味を持つことは親子関係にも良い影響をもたらすことでしょう。

 

この記事は星の皇子様が執筆したよ♪

現役美容師歴15年、主夫をしております。美容ネタ、心理学、子育ての話題には男目線で紹介していこうと思います。

葉酸飲むならショウガ葉酸がおすすめ!

\葉酸はこれに決まり!/

ショウガの力で体の中から温めながら、推奨されている葉酸もしっかり含まれているショウガ葉酸がおすすめです。

妊活中や妊娠中は体の冷えも大敵!栄養と冷え対策同時に叶えてくれます!

ショウガ葉酸公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です