アプリ

メルカリとラクマどっちが売りやすいの?両方使った主婦がメリットとデメリットを紹介

 

みなさんこんにちは、まるこです。(@shokooficial1)

 

フリマサイトで有名なメルカリラクマがありますが「実際どっちが使いやすいのかな?」と疑問に思った事ありませんか?

どちらも使っているまるこがメルカリとラクマのそれぞれのメリットとデメリットや使いやすさなど検証しながら紹介していきます。

フリマアプリって?

フリマアプリは、フリーマーケットをアプリで簡単にできるアプリのことです。携帯で簡単に出品することができるので、お家で手軽にフリマが楽しめます。

フリマアプリで有名なのが「メルカリ」です。メルカリはCMなどでもよく流れ、宣伝が多いアプリなので知らない方はほとんどいないくらい有名です。

ラクマ」は「旧フリル」と提携し、新!ラクマに変わりました。新ラクマになったことでロゴは旧フリルとラクマが合わさったデザインに変わりました。

操作はラクマの時と変わらないですが、提携後はサービスや手数料などに変化がありました。

メルカリとラクマのサービス一覧比較

メルカリとラクマのサービスを一覧で比較していきます。

メルカリラクマ
ダウンロード数850万6000万(国内のみ)
登録料無料無料
月額利用料無料無料
出品手数料無料無料
販売手数料10%3.5%
振込手数料210円 ※1216円 ※2
決済手数料100円 ※3216円 ※4
振込申請額211円〜433円〜
匿名配送対応 ※5非対応
コンビニ受取対応 ※6非対応
売上金有効期限1年間1年間
独自発送サービスらくらくメルカリ便:195円〜

ゆうゆうメルカリ便:175円〜

かんたんラクマパック(日本郵便):179円〜

かんたんラクマパック(ヤマト運輸):200円〜

※1売上金1万円以上は振込手数料無料
※2楽天銀行宛で売上金1万円以上に限り振込手数料無料
※3売上金/ポイント払い・クレジットカード払いは無料
※4売上金/ポイント払い・クレジットカード払い2000円以下無料
※5出品時に「メルカリ便」を選択している時のみ対応
※6「ゆうゆうメルカリ便」のみ対応

一覧を見てみると結構違うことがわかりますね。私が実際使用してみて感じた、メリットとデメリットをそれぞれ詳しく紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

メルカリのメリットとデメリット

まずメルカリのメリットとデメリットを紹介していきます。

メルカリのメリット1. 利用者数が多いため売りやすい

一覧の表を見ていただければわかる通り、メルカリは圧倒的に利用者が多いです。

表の数字は国内ダウンロードだけの数値ですが、海外ダウンロードも多いのでまだまだ利用者がいることになります。

利用者が多いということはその分、自分の売ったものが見られやすく、売れやすいということになります。

確実に売りたい場合はメルカリがおすすめです。

メルカリのメリット2. 投稿に時間がかからない

メルカリのメリットは投稿が簡単で時間がかからないところです。

自作したテンプレート文を保存することができたり、本などのバーコード付きのものはバーコードにかざすだけで、その本の紹介テンプレート文カテゴリ名相場の値段が自動で入力されます。

この出品の簡単さは、ラクマにはないサービスです。

メルカリのメリット3. 匿名出品・コンビニ受取ができる

メルカリは、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便を出品時に選択した場合のみ、匿名配送ができます。

商品を売りたいけど、自分の住所が相手にバレるのが少し怖い人でも安心です。

さらに、ゆうゆうメリカリ便のみ、コンビニ受け取りに対応しています。あまり自宅にいない、自分のタイミングで受け取りをしたい方におすすめのサービスです。

メルカリのデメリット1. 手数料が高い

メルカリのデメリットで一番最初に上がるのが手数料の高さです。出品する側は、販売手数料が10%もかかってしまいます

メルカリとラクマを比較するとメルカリの方が価格設定が高いです。これは、販売手数料が多く取られてしまうことが原因です。

高いものを売る場合の10%は高く感じないかもしれませんが、安いものを売る時にも手数料が10%かかってしまいます。

メルカリのデメリット2. 同じものを出品している人が多い

利用者が多いため、自分が出品したいものと同じものを出品してる人がたくさんいます。

その中で売るには、その人たちよりも金額を安めに設定したり何かセットにしてお得に見せて売るなどの工夫が必要な場合があります。

ラクマのメリットとデメリット

次にラクマのメリットとデメリットを紹介していきます。

ラクマのメリット1. 販売手数料が安い

メルカリに比べてラクマの販売手数料は3.5%と安いです。旧ラクマの時は販売手数料が無料でしたが、新ラクマになってから販売手数料がかかるようになりました。

販売手数料がかかるとはいえメルカリに比べると安いのでとても助かります。

販売手数料が安い分、価格設定もメルカリより安くできるので買う側も嬉しいです。

ラクマのメリット2. 楽天と連携するとポイントが移動できる

ラクマは楽天と連携すると、楽天のポイントがラクマで使えたりラクマで売り上げた金額を楽天ポイントに移動することができます。

楽天をよく使う方には、とても嬉しいサービスです。

ラクマのデメリット1. 利用者が少ない分売れにくい場合も

利用者が少ないのでメルカリに比べると出品したものが売れにくい場合もあります。

私が利用した感じではそこまで気になりませんでしたが、売るものによっては全く売れないものもあるようです。

ラクマのデメリット2. 匿名配送・コンビニ受取ができない

旧ラクマの時は匿名配送やコンビニ受取、郵便局受取をすることができましたが、新ラクマになってからそれらができなくなりました。

匿名配送にすると何かトラブルが発生した時に、発送者の元に出品物が戻らないことが理由のようです。

コンビニ受取、郵便局受取にも対応していないので、すべて自宅での受取になります

販売手数料の差はとても大きい

メルカリとラクマを比較するとメルカリのメリットが多いですが、主婦目線から見るとやはり販売手数料の差が大きいです。

他のサービスを差し置いて、手数料の安いラクマの方を使う機会の方が増えたのが現状です。

ラクマで売れなかったものをメルカリに!

一番いい方法として、ラクマで売れなかったものをメルカリで売るのが賢い方法でしょう。

人気のものなどは確実にラクマでも売ることができます。まずラクマに出品してみて、様子を見てからメルカリに移動して売り切りましょう。

そうすることで売り残りを防ぐことができますよ。

メルカリとラクマ同時出品ってしてもいいの?

メルカリとラクマの同時出品は、少し前では当たり前に行われていましたが、現在は禁止になっています。

なぜかというとトラブルの元になるからです。同時出品していたものが、同時に両方で購入されてしまっては、どちらかを断らなければいけないことになります。

メルカリとラクマの同時出品はトラブルを防ぐために絶対にやめておきましょう。

フリマアプリは上手に使い分けよう!

メルカリとフリマどちらもいいところと悪いところがあるのがわかりましたね。

うまく使い分ければ、デメリットは目立たなくなります。両方のいい部分を理解してフリマアプリ利用していきましょう。

アプリのダウンロードはこちらから

・メルカリ

https://www.mercari.com/jp/

最大10,000円分のポイントがもらえる招待コード→「HMRJZN」


・ラクマ

https://fril.jp

100ポイントもらえる招待コード→「Pq6nf」

我が家の断捨離方法公開!断捨離から出た物を売ってお金にしてみた こんにちはまるこです。(@maruco_blog) 普通に生活していると、どんどん物が増えていって片付ける場所がないなんて...
葉酸飲むならショウガ葉酸がおすすめ!

\葉酸はこれに決まり!/

ショウガの力で体の中から温めながら、推奨されている葉酸もしっかり含まれているショウガ葉酸がおすすめです。

妊活中や妊娠中は体の冷えも大敵!栄養と冷え対策同時に叶えてくれます!

ショウガ葉酸公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です